新時代の稼ぐ術「NFT」とは?徹底解説!

新時代の稼ぐ術「NFT」とは?徹底解説!
皆さん「NFT」といものを知っていますか?私は小学三年生の男の子がNFTで400万円ほど稼いでるのをニュースで目にして知りました。また、そこから興味を持って本などを読んでNFTがどういうものなのか調べつくしました。今回はそのNFTについて徹底的に解説していきたいと思います。

NFTを知る上で最も重要なワードが三つあります。それは、「NFT」、「ブロックチェーン」、「メタバース」の三点です。この三点を解説していきたいと思います。それでは本題に入っていきます。

スポンサードリンク



NFTとは?

まず、NFTといわれてもなんの略かわからないと思うので、そこから説明していきたいと思います。NFTはNon-fungible Tokenの略です。ファンジブルが代替可能という意味なので、日本語に直すと。「代替不可能な資産」という意味があります。また、FT(Fungible Token)で「代替可能な資産」というものもあります。では、その「代替不可能な資産」や「代替可能な資産」とは具体的にどんなものなんでしょうか?解説していきます。

まず最初に「代替可能な資産」から話していこうと思います。「代替可能な資産」とは主に、ビットコインやイーサリアムなどのデジタル通貨を指します。それに対して「代替不可能な資産」は唯一無二の資産を指します。わかりやすく置き換えると「代替可能な資産」=「デジタル通貨」、「代替不可能な資産」=「唯一無二のデジタル資産」です。わかりやすく例えるとすると…

Aさんの1ビットコインとBさんの1ビットコインがあったとします。その場合、どちらも価値は同等なので代替可能です。どちらもが「代替可能な資産」に当てはまります。

また、Aさんの市販で購入したサッカーボールと、Bさんの非売品のサイン入りサッカーボールがあったとします。この場合は、どちらも同等の価値とは言えないので、代替不可能です。そして、非売品のサイン入りサッカーボールは「代替不可能な資産」に当てはまります。

引用:NFTの教科書

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、簡潔にいうと「管理者の存在しない台帳」のことです。これだけきいてもピンとこないと思います。ブロックチェーンとは、NFTやFTに使われている技術で、「分散型台帳」の技術領域の一つです。「分散型台帳」とは、公開された情報を複数のユーザーが相互承認して信用を付加していくネット内でのデータ管理の仕組みの一技術のことです。

ブロックチェーンの特長は大きく分けて三つあります。

一つ目は改ざんやコピーができないことです。このことによって、NFTの価値が上がります。具体的に説明すると、SNSのアイコンをGoogleで検索してそこからコピーをしてそのままアイコンにする人も少なくないでしょう。ブロックチェーンはコピーができないので、今までできていたそのようなことがあまりできなくなっていきます。

そして二つ目は、価値そのものを移転できることです。例えば、銀行の海外送金を行う場合、たくさんの手数料やコストがかかります。しかし暗号資産であれば、余計なコストをかけずに一通貨そのものをダイレクトに送れます。

最後の三つ目は、追跡可能なことです。またそれは誰でも閲覧可能です。これは今のインターネットの技術ではできません。だからこそインターネットの上にくる技術だといわれています。

引用:NFTの教科書

スポンサードリンク



メタバースとは?

メタバースとは、「インターネット上に構築された仮想の三次元空間でアバターなどを用いて接する環境」のことを指します。メタバースを志向しているサービスと言えば、セカンドライフ、フォートナイト、ロブロックス、VRチャット、クラスターなどが挙げられます。メタバースはフェイスブックやフォートナイトなどの「完全な仮想世界(仮想空間型)」とポケモンGOなどの「現実空間内包型」の二つに分けられます。「現実空間内包型」が仮想空間型と大きく違う点は現実空間も仮想空間と捉えることです。どういうことかというと、現実空間自体もひとつの仮想世界と捉え、バーチャルな仮想世界とリアルな仮想世界が共存する状態のことです。

また、メタバースには必須条件が七つあります。

一つ目 永続的であること→一時停止やリセットは存在せず無限に続くこと。

二つ目 同期的である→実社会と同じく、同期的な状態。

三つ目 無限の同時接続ユーザー→ユーザーそれぞれが存在感を持つ。

四つ目 完全に機能した経済→個人や企業が価値を生み出した報酬を得られる。

五つ目 実社会との垣根なし→リアル/バーチャル、オープン/クローズ、プライベート/パブリックにまたがる体験となる。

六つ目 相互運用性→プラットフォームの垣根を超えた体験。

七つ目 幅広い人々との貢献→個人や企業などが大量のコンテンツや体験を提供する。

↑このような条件を満たしていないとメタバースとは呼ぶことはできません。よく想像されるヘッドセットを被ってVRワールドで活動していることだけでは、メタバースとは呼べません。

引用:NFTの教科書

まとめ

今回は、「NFT]、「ブロックチェーン」、「メタバース」について紹介していきました。これらの三点を簡潔にまとめると、NFTは、唯一無二のデジタル資産のことをさし、それが市販などでは買えないデザインをしていること。ブロックチェーンはコピー&改ざんができない、価値そのものを移転できること、追跡可能でそのうえ誰でも閲覧可能なこと。この三つの特長からNFTなどにその技術は非常に相性がいいということ。メタバースは仮想空間のことを指し、必須条件が七つあること。これだけでも覚えていってほしいです。

また、今回僕が勉強した本を紹介します。

 

NFTの教科書です。この本は文章だけでなく図で説明したり、グラフを用いた事実を根拠として説明したりするのでとても読みやすかったです。

詳しく知りたい方は購入してみてはいかがでしょうか。私は書店で買ったのですが、調べてみたところAmazonでは2000円ほどでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あんスタ・ガチャ星5確定演出・昇格演出と演出をもう一度みる方法!
未分類 2021.07.15

あんスタ・ガチャ星5確定演出・昇格演出と演出をもう一度みる方法!