1円スマホ規制のメリットは?落とし穴デメリット!すぐ解約は?

引用:https://www.photo-ac.com/

2023年12月27日から、「1円スマホ」規制が始まりますね。
2019年10月に改正された電気通信事業法では、回線契約に紐づいた割引が2万2000円までに制限されていました。
この制限の裏を突いたのが、一括1円スマホ。白ロム割りともよばれますね。
回線契約に紐づいた割引を上限まで適用し、残りを本体価格の値引きにすることで、1円スマホを実現していました。
ところが、今回の規制では、割引規制は4万円になるものの、回線契約に紐づいた割引と本体価格の値引きを合わせての話。
1円スマホを狙い撃ちにした規制となっています。
スマホの割引に対して規制が入るため、非難の声も大きく出ているようですが、この規制は果たして適切なものなのでしょうか?
それとも、理不尽な規制なのでしょうか?

 

1円スマホの規制は良い悪い?誰が得する?

引用:https://www.photo-ac.com/

1円スマホの規制について、その規制は本当に必要なものでしょうか?

1円スマホの規制は良い悪い?

1円スマホの規制は、スマホ市場の正常化のためには必要な処置と言えます。
スマホの通信事業は、継続的に支払われる通信費が大きな財源です。
そのため、各通信事業者は、通信契約の確保に血道をあげているのですが、そのための販売促進材料として使われるのがスマホ本体です。
確かに、スマホ本体は、高価なものですが、継続的に支払われる通信費は、その代金くらいはすぐにペイできます。
そこで、あの手この手で、スマホ本体の値段を抑えることで、通信契約を取ってきたのでした。
その過当競争の末に登場したのが、実質0円などの手法でした。

2019年電気事業通信法改正により0円スマホを規制

実質0円などのサービスは、確かに消費者にとっては、ありがたいものでした。
しかし、通信事業としては、その分を通信費で補わなければならず、通信費の高騰や、契約縛りなどによる消費者トラブルなど、問題も山積みでした。
実質0円などの過当競争によって、事業者は疲弊するばかりですが、他者が実質0円を続けている以上、顧客獲得のためにはやめられないという、不健全な状態に陥ります。
そこで、2019年10月に、電気事業通信法改正により、0円スマホを規制することにしたのでした。

1円スマホで抜け道

電気事業通信法改正により、通信契約に紐づくスマホ本体の値引きが2万円までに規制されたのですが、事業者側で、すぐに抜け道を見つけてしまいます。
それが、1円スマホ(白ロム割り)です。
1円スマホにより、事業者は、再び過当競争から抜け出せない状態に陥るのでした。

通信業界の健全化により、事業者が助かる

そこで再び、過当競争を抑えようとするのが、今回の改正による、1円スマホの規制です。
1円スマホでも、他社が1円スマホを続けている限りは、1円スマホを実施せざるを得ない状況に陥ってしまいます。
また、1円スマホを利用して、本体を不当に安く購入する転売ヤーも出てきて問題になりました。

帰省により、一斉に1円スマホをやめることが出来たなら、通信業界は無理な値引きをしなくてよくなります。
そのため、今回の規制で得をするのは、通信事業社ということになります。
また、業界の健全化により、通信費が下がることになれば、消費者にも理のある話ですね。

 

1円スマホの落とし穴デメリットは何?すぐ解約できる?

引用:https://www.photo-ac.com/

端末を安く購入できる1円スマホ。
では、1円スマホのデメリットはどんなことがあるのでしょうか?

回線契約が必要

1円スマホを利用するには、回線契約が必要です。
特に、他社からの乗り換えが条件になっていることが多いようです。
スマホ本体を安く購入できても、通信費でそれ以上に取られてしまうのがオチと言えます。

すぐ解約するのはNG

1円スマホのキャンペーンには、利用を継続することを条件としていることがあります。
解約すると、キャンペーン適用外となり、割引が適用されなかったことにされます。
そのため、差額を請求されたりすることになるので、迂闊に他社に乗り換えたりできなくなります。

最新機種は対象外

通信契約に紐づく割引には限度があり、端末価格を下げるのにはリスクがあります。
そのため、値引き価格にも限度があり、高価な最新機種などは対象外にされていることが多いようです。
安く最新機種を手に入れたいという場合には、1円スマホは向かないかもしれません。

結局は、回線費用に返ってくる

1円スマホのデメリットとして、実感しにくいものではありますが、回線費用の高騰につながる恐れがあるということ。
通信事業社は、スマホの値引きで失った危月燕を、どこかで確保しなければなりません。
そこで、回線費用を値上げして、利益を確保します。
結局、最終的には、消費者に返ってくるのがオチなんですね。

 

まとめ

1円スマホに規制が入ります。
この規制に対して、非難も多く出ていますが、通信業界の健全化には必要な処置といえます。
12月27日から規制が始まりますが、1円スマホを手に入れるならそれまでにしなければなりませんね。
でも、1円スマホにもデメリットがあるので、よく検討してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました